FUJIARCHIVES BLOG

ヘリコイド付きアダプターでStillLife撮影のメリットがわかる絵作り。Biogonの良さが生かされるカリッとした撮影素材を厳選。
Table of Contents

Gear

  • ボディ:FUJIFILM XS10
  • レンズ:Zeiss Biogon 28mm F1.4 ZM
  • マウントアダプター:SHOTEN LM-FX
  • 三脚:Leofoto LH-25

内部設定

  • Mモード
  • トーンカーブのシャドウトーンだけ-1
  • 他の画質設定は初期のまま
  • EVはアンダー気味で
  • MFアシストはPEAK

*レンズなしレリーズはONに

作例

コントラスト高めの絵作り。

鉄のテクスチャはテカって、ラインはカリカリ感が’すばらしい。

ピント合わせが一番難しく、最初にBiogonの方のピントリングを最短撮影距離の0.5にしておき、フレーミングと構図を決めた後にアダプターの方のリングを回してフォーカスの最終調整をした。

フォーカスを狙いたい面を取るのがこれまた難しく、数回カメラの角度を変えたりして試行錯誤した。

最後にF値を5から11のあたりまで絞って撮影対象の輪郭をはっきりさせつつ、背景のマットがいい感じにシャドウで均されるようにした。

 

FUJIARCHIVES

カナダでインテリアデザインを勉強中の学生。グラフィックデザイン、3DCG、Photo Zineなど制作。

PROFILE
RECENT POST
FEATURED POSTS
Twitter
Tumblr
Facebook
Pinterest

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

ランダム記事
写真タグポスト
JA
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。