FUJIARCHIVES BLOG

僕の推しジャズアーティストに出会った遍歴も交えつつ大好きなアーティストをご紹介していきます。

Table of Contents

織原良次さん

粒のいい音を奏でてくれるフレットレスベース奏者。ここ数年でイチオシとも言えるベースの音にどっぷりハマったきっかけのミュージシャン。こってりハマった原点とも言えるアルバムは”B’ridge“で’メンバーに偉大なジャズピアニスト故佐山雅弘さんにテンポ感あるドラムを叩く福森康さん。ちなみに織原さんはJaco信者です。

今はインターネットの場のみで活動をなさってる織原さんも参加する、ken sato experiienceをヘビロテ中。クラシックスタイルのファンクの名曲をKen Satoさんがアレンジし、一曲ずつ様々なボーカルゲストをフィーチャリングするスタイルもすごく面白いです。

ken sato experience MV

Orihara’ fretless

石若駿さん

今売れ売れな知名度、実力ともに現日本のジャズ界トップとも言えるであろうドラマー。今をときめくmillenium paradeのメンバーでもあり、日野バンドでもやってました。石若駿くんのアルバムで一番好きなのはもちろん”Answer to Remember”。

鶴谷智生さん

安定したリズム感と一挙手一投足に安心感を感じるフュージョンドラマー。ちなみに小学生の頃ライブを見に行った”コジカナツル”(豪華なメンバーそろうバンド、ピアニストに小島良喜さんとウッドベース金沢英明さん)時代から大好き。近年でいうと”白鶴山”バンドの遊び心あるライブプレーっぷりにハマった時代が記憶に新しいです。サポートに福山雅治さんやら重鎮アーティストのサポートもやっているので音楽番組でみられることもあるかもしれません。

白鶴山MV

菅原高志さん

疾走感あふれるハードな曲でも、心休まるバラードでも変幻自在な音を奏でるTHEジャズドラマー。菅原さんが叩くスタンダードジャズが一番好きです。菅原さんが組まれてる”Peace“メンバーには織原さんにギターリストの井上銘くんと菊池太光くんが参加してて、これぞ最強布陣と言わんばかりの実力派バンド。

渡辺翔太さん

柔らかい繊細な音を奏でるピアニスト。名古屋出身地元が同郷もあり家族ぐるみで付き合いのある心優しいジャズピアニストです。最近でいうとドラム石若駿くんとベース若井俊也で”渡辺翔太trio“を組んで”Folky Talkie“というアルバムを出しています。

黒田卓也さん

ニューヨークに拠点を持つジャズトランペッター。R&B寄りな演奏でChill感ある魅惑的なオリジナル曲を多く作ってる印象です。新宿駅の野外広場でライブを見た時興奮したのを覚えています。確かその時はドラムが石若駿くんでした。

井上銘さん

ソロプレイ時にはカッコいいプレイをするテクニカルな面を持ちつつ、メロディテーマをバンド全員でフュージョンしたときの高揚感を何段階も跳ね上げてくれるライブパフォーマンスが絶品なジャズ・ギターリスト。彼のリーダーバンドで作った”First Train“、”Waiting for Sunrise“(メンバーはドラムに柵木雄斗さんとウッドベースに若井俊也くん)を一時期ヘビロテしてました。

Stereo Champ MV

他にも推しのジャズ・ミュージシャンはいるのですがひとまずこのへんで。プレイリストにまとめましたので良かったら聴いてみてください。

Twitter
Tumblr
Facebook
Pinterest

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

FUJIARCHIVES

カナダでインテリアデザインを勉強中の学生。グラフィックデザイン、3DCG、Photo Zineなど制作。

PROFILE
RECENT POST
RELATED POSTS
同じカテゴリの記事

メトロバンクーバーの一角には中華街のようなショッピングモールがある。まるでタイムスリップしたような気になるなんとも侘しい雰囲気が感じられる。フードコートの中華料理は大人気。

ランダム記事
JA
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。